引退後の生活について | 高時給アルバイトで月収20万円以上は余裕でいける!
menu

引退後の生活について

女性の手を握っている男性

一生ホストとして生き続けるということは一応できますが、残念ながらホストとして活躍できる期間はそこまで長くありません。
一般的には20歳くらいから30歳くらいまでが一番稼げる時期と言われているので、それ以降になってしまうとかなり収入は落ちてくると思います。
もちろん必ずしも当てはまることではありませんが、おそらくあなたも30歳を過ぎたあたりから引退を考え始めることになるででしょう。

ではホストクラブを引退したあと、どのような生活が待っているのか?
もちろん仕事を辞めたらその時点でニートとなります。
だから就職活動をしなければいけなくなるのではないかと考えているかもしれませんが、基本的にその必要はないでしょう。
なぜなら、就職活動をしなくてもお金なんていくらでも作れるようになるからです。

例えば人によっては自分のお店を持っています。
つまりホストではなくオーナーとして仕事をスタートさせることができるわけです。
ホストとしての経験はオーナーになったときに必ず生かすことができるので、これでまたしばらく高収入を稼ぎ続けられるでしょう。
これはどんなホストにもおすすめしたい選択肢です。

または、ホストをやっていたときにしっかり貯金をしていれば他にもいろんなことに挑戦できます。
例えば自分で会社を起こす人もいますし、中には芸能的な活動をする人もいたりします。
お金があればどんなことだってチャレンジできるので、絶対にあなたもホストを始めるなら引退するまで貯金を欠かさないようにしましょう。
貯金をしていれば引退する頃には、数千万円以上ものお金を貯蓄できていると思います。